2008年08月28日

寿歌西へ 出演者発表

M_Produce ACT4 『寿歌西へ』
出演者決定


先日行われたオーディションを経て、2009年1月に行われるACT4『寿歌西へ』の出演者が決定しました。

・岡嶋秀昭
・四宮章吾(悪い芝居)
・辻井直幸
・本條マキ(France_Pan)


以上の4名です。

岡嶋秀昭さんは、劇団衛星の看板俳優だった時代を経て、現在はさまざまな舞台でその存在感を発揮しています。文化庁芸術祭賞の大賞を受賞した、京都ビエンナーレ2003演劇公演『宇宙の旅、セミが鳴いて』(作/鈴江俊郎、演出/高瀬久男)や、岸田戯曲賞を受賞した、演劇計画2007『生きてるものはいないのか』(作・演出/前田司郎)、壁ノ花団『悪霊』(作・演出/水沼健)、地点『三人姉妹』(作/チェーホフ、演出/三浦基)などに出演。どこへいっても、その場にあわせた対応を図りながら、存在感を発揮できる、器用かつ独特な俳優さんです。

四宮章吾さんは、現在京都で最も注目を集める若手劇団「悪い芝居」の中心メンバー。細長い身体と独特の声で、キ○ガイじみた芝居をします。今回、異なる演出家の下で、どれほどった演技が出来るのか、期待しています。

辻井直幸さんは、かつて在学中に京都芸術センター主催の「現代演劇俳優セミナー」に参加するなど、その才能には早くから注目していました。大学を出てからはのほほんと活動されていますが、ここらで一皮も二皮も剥けて、大化けしてってくれることを祈っています。

本條マキさんは、唯一大阪から参加。大阪の若手で注目を集める劇団、France_panの女優さんで、その昔にFrance_panの舞台美術を務めた方が、劇団員の中で唯一名前を覚えていたというほど、強烈なインパクトの持ち主。普段話していると完全に天然ボケキャラなのに、舞台上では、気とエロスを振りまける最近では珍しいタイプの“女優”。目力がすごい。

期待してください。


posted by 丸井重樹 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。