2009年05月31日

次回、サロン17|6月のお知らせ

◆M_Produce|サロン17(6月)◆

M_Produceでは、月に一度(原則として毎月第3火曜日)に「サロン」を開催しています。舞台芸術の創作に関わる人たちなら誰でも参加でき、舞台芸術にまつわることなら何でも話せる緩やかなコミュニティです。
毎月「観劇対象公演」と「観劇推奨公演」を決めて、その公演の感想を話し合うところをとっかかりにしてはいますが、公演を見ていなくても参加できますし、公演の感想以外の話題を持ち込んでいただいても構いません。

次回サロンは下記の通り開催します。

日時>>> 6月17日(水) 19時開始 *注意*水曜日開催です
場所>>> 前田コーヒー・明倫店(京都芸術センター内カフェ)

参加費は無料(飲食代は実費)。
舞台芸術の創作に携わっている人なら誰でも参加可能です。
参加希望の方は、E-mailにてお知らせください。
*参加者がいない場合は、開催を見送ることもありますので、必ずご連絡ください。

観劇対象公演
◎青年団『鳥の飛ぶ高さ』@京都芸術センター、6/12-14
>>> 青年団の国際交流プロジェクト。今年、全部で5作品を関西で上演する青年団の第1弾。フランスの現代劇作家(といっても、現在82歳)の作品を、フランス人の演出で上演。翻案は平田オリザ。30年ほど前に書かれた戯曲で、まともに上演すると6時間以上かかるという“経済戯曲”。オリザ氏は、2時間の短縮バージョンを原本に、設定などすべてを日本に置き換え、2年以上かかけて翻案戯曲を書き上げたという。曰く「泥沼企業買収劇」。演出を担当する、アルノー・ムニエ氏は1973年生まれ。フランス国内で、最も重要な30歳代の演出家として注目されている。俳優は日仏混合の17名。

観劇推奨公演はこちら


posted by 丸井重樹 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Salon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

WS09 報告

M_Produce ワークショップ 09(2009年5月)
「声を知る〜アレクサンダー・テクニークを通して」
終了しました。

講師は、アレクサンダー・テクニーク教師で、チラシやパンフレットのデザインも数多く手掛けている納谷衣美さん。

mproWS_090512-13_034.jpg

アレクサンダー・テクニークとは何か、という基礎的な話から始まり、じっくりとゆっくりと講座は進みました。重要なのは、首から背骨にかけて、いわゆる脊椎の部分。人間の身体の構造を知り、意識することで、身体が変わっていきます。

mproWS_090512-13_030.jpg

身体が変わると声も変わります。
身体の意識の仕方を学んだ翌日は、実際に使用したことのある(あるいはこれから使用する予定の)台詞を用いて、発声してみます。
意識せずに出す声と、意識して出す声の違い。

「楽になった」「逆に忙しくなった」などなど、さまざまな変化を感じることが出来ます。

アレクサンダー・テクニークは、一朝一夕に身につくものではないし、非常に地味な訓練です。参加者の一人が言ってました。「この感覚を忘れたくない」。それに対して納谷さんは「忘れるけど、忘れない」。つまり、意識的には忘れるけれども、一度体感したことを身体は覚えています。重要なことは、忘れるたびに、思い出し、身体に染み付かせること。

「台詞に感情を乗せる」以前に、身体が変わることで声は変わる、ということを体感できたのではないでしょうか。
posted by 丸井重樹 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Workshop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。