2008年10月24日

次回サロン|11月

M_Produce サロン 12

M_Produceでは、月に一度(原則として毎月第3火曜日)に「サロン」を開催しています。舞台芸術の創作に関わる人たちなら誰でも参加でき、舞台芸術にまつわることなら何でも話せる緩やかなコミュニティです。
毎月「観劇対象公演」「観劇推奨公演」を決めて、その公演の感想を話し合うところをとっかかりにしてはいますが、公演を見ていなくても参加できますし、公演の感想以外の話題を持ち込んでいただいても構いません。

次回のサロンは、下記の通り行います。

日時=11月18日(火) 19時開始
会場=前田コーヒー・明倫店(京都芸術センター内カフェ)

参加費は無料(飲食代は実費)。
舞台芸術の創作に携わっている人なら誰でも参加可能です。
参加希望の方は、E-mailにてお知らせください。
*参加者がいない場合は、開催を見送ることもありますので、必ずご連絡ください。

◎次回観劇対象公演
KUNIO 04@アトリエ劇研、10/31-11/2
>>> 既成の戯曲を演出するプロデュースユニットである「KUNIO」の第4弾は、岸田國士の二本立て。前半と後半で演目が異なるが、いわゆる近代の台詞劇の戯曲を、現代のしかも若手演出家で身体性の強い演出をもくろむ杉原くんがどのように料理するのか。京都を拠点に活動する演出家の中でも随一の勉強家で、京都芸術センター舞台芸術賞2009にもノミネートされた彼と、岸田國士との格闘の成果を見届けたい。

○大阪BABA@なにわ橋駅、10/25
>>> ダンサー×音楽家の組み合わせ3組。黒田郁代、寺田みさこ、白井剛という現代ダンスを代表する3名の組み合わせで、予約満席。

○昼の月『これは白い山でなく』@アトリエ劇研、10/22-26
>>> もともと近畿大学の卒業公演用に書かれた戯曲。2000年の演劇ビギナーズユニットでも上演された(演出=山岡徳貴子)。青春群像劇。

○モダンスイマーズ『夜光ホテル−スゥイートルームバージョン』@精華小劇場、11/1-4
>>> 目玉は萩原聖人だが、作・演出も蓬莱竜太が手がける劇団の関西初公演。蓬莱さんは今東京で注目の若手劇作家。「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台版の戯曲などを手がけている。

○CONNECTvol.2@芸術創造館、11/8-9
>>> 応募総数が少なかった割りに、京都・大阪で注目の若手ユニットが集まったCONNECTの1次選考会。弱男ユニットやピンク地底人、0samenなどなど。9日の夕方行われる公開講評会にも注目。

○劇研プロデュース『書庫』@アトリエ劇研、11/6-11
○東野祥子『Vacuum Zone』@AI HALL、11/6-7

posted by 丸井重樹 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Salon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108521113

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。