2009年02月26日

次回、サロン14|3月のお知らせ

◆M_Produce|サロン14(3月)◆

M_Produceでは、月に一度(原則として毎月第3火曜日)に「サロン」を開催しています。舞台芸術の創作に関わる人たちなら誰でも参加でき、舞台芸術にまつわることなら何でも話せる緩やかなコミュニティです。
毎月「観劇対象公演」と「観劇推奨公演」を決めて、その公演の感想を話し合うところをとっかかりにしてはいますが、公演を見ていなくても参加できますし、公演の感想以外の話題を持ち込んでいただいても構いません。

次回サロンは下記の通り開催します。

日時>>> 3月18日(水) 19時開始 *通常の予定より変更しています!
場所>>> 前田コーヒー・明倫店(京都芸術センター内カフェ)

参加費は無料(飲食代は実費)。
舞台芸術の創作に携わっている人なら誰でも参加可能です。
参加希望の方は、E-mailにてお知らせください。
*参加者がいない場合は、開催を見送ることもありますので、必ずご連絡ください

観劇対象公演
◎マレビトの会『声紋都市 父への手紙』@AI HALL、3/6-8
>>> ドキュメント的手法を取り入れる、松田正隆氏の最新作。「父=父権=権力」のつながりで、社会のさまざまな階層における“権力”についての考察となる。事前に出回っている松田さんのテキストを読んでから見ると、理解がより深まるのではないでしょうか。

観劇推奨公演

○ピーピング・トム『Le Sous Sol/土の下』@AI HALL、2/18
>>> ベルギーから来るダンスカンパニー。ダンサーの最高齢は、90歳を越えているとか。

○MONO『床下のほら吹き男』@ABC HALL、2/19-23
>>> 毎年1作、地道に創り続けている土田英生氏の最新作。京都・東京を経ての大阪公演。ゲストに、魚灯の山岡さんやペンギンプルペイルパイルズのぼくもとさきこさんを迎えている。ぼくもとさんは、土田さんが始めて演劇ビギナーズユニットの講師を務めた時の受講生という巡りあわせ。

○踊りに行くぜSP@AI HALL、2/21-22
>>> 金魚の鈴木ユキオ氏、北村成美氏、韓国からチョン・ヨンドゥ氏など、注目のラインナップ。今年の「踊りに行くぜ」の総決算となる公演。

○鹿殺し『ベルゼブブ兄弟』@independent theater 2nd、2/25-3/1
>>> 神戸から東京へ進出し、演出家の菜月チョビ氏は商業演劇に戯曲を書き下ろすなど、地道に活動を続ける鹿殺しの凱旋公演。

○『建築家アッシリアの皇帝』@アトリエ劇研、2/27-3/1
>>> 地点の演出助手を務めている村川さんの演出作品。地点の番外公演「話セバ解カル」で一部を演出したのに続き、本格的に作品を演出する。戯曲はF・アラバール。

○尼崎ロマンポルノ『鉄鋼スベカラク』@精華小劇場、3/4-8
>>> 大阪で注目を集めている若手劇団の精華小劇場初進出公演。「円型劇場」という難題に、どのようにに応えるか。勝負をかける一作。


posted by 丸井重樹 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Salon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。