2009年06月08日

M_Pro ワークショップ|7月

■M_Produce WS00907-11■

M_Produceでは、定期的にワークショップを開催しています。テーマは「俳優の身体をコントロールする」

三年以上舞台経験のある俳優を対象に、身体に関するワークショップを行っています。演劇の演出家・俳優に限らず、ダンス、伝統芸能、身体訓練のプロフェッショナルなど、あらゆる分野からの講師をお招きしています。

7月のワークショップは、下記の通りです。

///
「真ん中を斬る」

講師=帰山玲子

日程=7/14(火)・15(水)、各19:00〜21:00
会場=スペース・イサン
対象=三年かつ五回以上の舞台経験があり、向上心のある俳優
受講料=4,500円
///

7月は「新体道」のワークショップです。武道の一種で、体の使い方のヒントになる講座になると思います。

申込はこちらから
◆講座内容
新体道とは、1960年代に空手を母体として、子どもや女性、身体の弱い方でも取り組めるよう開発された武道です。今回は幅広い稽古体系の中から、演劇に活かすことのできるエッセンスを取り出します。
『真ん中』とは何でしょうか? 「相手の真ん中を斬る」「そして相手にも自分の真ん中を斬ってもらう」 そのためには、まず自分の真ん中をガバーッと開き、ゆるめる。真ん中をさらけ出して、「ここを斬って!」と積極的に斬られにいきます。そんな稽古をいたします。

◆プロフィール
帰山玲子 KIYAMA Reiko
1975年生まれ。立命大・劇団西一風で演劇を始める。のちに遊劇体に移籍、野外劇に没頭。
2004年、トリコAプロデュース 山口茜作・演出「肉付きの面」に出演。同年2004年より新体道の稽古を開始し、現在に至る。新体道歴5年。


posted by 丸井重樹 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Workshop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。