2008年05月03日

次回サロン=Salon 06 情報

M_Produce サロン06

日時=5月20日(火) 19時開始(21時終了予定)
場所=京都芸術センター・カフェ(前田コーヒー・明倫店)
*参加人数多数の場合、会場が変更になる場合があります
*参加希望の方は、mproduce@hotmail.com までご連絡を!

サロンは、毎月指定された「観劇対象」公演と、おススメ公演=推奨公演を中心に、観たお芝居の感想を話し合ったり、その他舞台芸術に関することで気になること、気がついたこと、聞いてみたいことなどを話す“場”です。
参加対象は、舞台芸術の現場に携わっている人、とします。

サロン06のための観劇対象公演は、ユリイカ百貨店『Chocolate horse』でした。

「それ観た!」という俳優さん、スタッフさん、制作者さん、ぜひとも感想を話しに来てください。

『着座するコブ』@京都芸術センター、4/18-20
>>>前作「静物たちの遊泳」が、岸田戯曲賞最終候補になった山岡徳貴子さんの新作。東京で製作された作品の京都凱旋公演となる。いわゆる劇団での製作とは環境も人も(資金面でも)異なる作品作りの成果はいかに。

唐組『夕坂童子』@元精華小学校グランド・特設紅テント、4/25-27
>>>いわずと知れた現代演劇界の巨人・唐十郎。大阪公演は、毎年新作の初演となるため、フリークは大阪公演を目指してやってくる。

子供鉅人『4 1/2』@ポコペン、4/19-20、4/26-27、5/3-4
>>>2007年度のCONNECTで選抜され、精華小劇場公演を果たした劇団のアトリエ公演。代表の益山さんは、ダンスや現代美術にも関心が高く、もちろんいろんなお芝居も見て研究熱心な若手演出家。アングラな空気を漂わせる若手劇団。無名だが、大阪の若手劇団の中では要注目。

ヴァンカラバッカ『部屋と二人』@ウイングフィールド、5/13-15
>>>ダンスパフォーマンスグループ。精力的にカンパニー公演を続けている。

---以下、番外編

精華演劇学校・特別講座「唐組版 俳優修業」@精華小劇場、4/23
>>>唐組の俳優二人が語る、唐組と唐十郎のこれまで。稽古場の様子や、テントで起こるさまざまな出来事を語ります。普段めったに公に話しをする機会がない唐組の俳優さんの対談。貴重です。

ウイングフィールド月曜倶楽部「現代演劇は衰退に向かっているのか08」@ウイングフィールド、5/19
>>>大阪市の文化行政に対する嘆きを語るシリーズのシンポジウム第2弾。丸井もパネリストとして出ます。テーマは「小屋は誰のもの?」。他のパネリストとして、深津篤志(桃園会)、棚瀬美幸(南船北馬)、高橋恵(虚空旅団)。


posted by 丸井重樹 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Salon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。