2009年02月26日

M_Produceの「明倫ワークショップ」

M_Produceでは、
来る3月23日(月)19時より「明倫ワークショップ」を開催します。

///
京都芸術センター「明倫ワークショップ」
M_Produce『プロデュース公演の創り方』


日時>>> 3月23日(月) 19時〜21時
会場>>> 京都芸術センター・和室「明倫」
料金>>> 無料
申込>>> 京都芸術センター(075-213-1000) E-mail
///

今年1月に上演した『寿歌西へ』をモデルケースに、舞台芸術作品が創られる過程を、演出家・制作・プロデューサー・スタッフなどさまざまな角度からお話します。劇団で創る作品とプロデュース公演で創る作品の違いとは? お金ってどうなってるの? 俳優さん達はどうやって稽古をしているの? プロとアマの違いってなんなの??? などなど。いろんな疑問にお答えする予定です。

参加は無料です。お気軽にお申込ください。
(申込は、京都芸術センターまでお願いします)

ご参加お待ちしています。


posted by 丸井重樹 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

寿歌西へ 出演者発表

M_Produce ACT4 『寿歌西へ』
出演者決定


先日行われたオーディションを経て、2009年1月に行われるACT4『寿歌西へ』の出演者が決定しました。

・岡嶋秀昭
・四宮章吾(悪い芝居)
・辻井直幸
・本條マキ(France_Pan)


以上の4名です。

岡嶋秀昭さんは、劇団衛星の看板俳優だった時代を経て、現在はさまざまな舞台でその存在感を発揮しています。文化庁芸術祭賞の大賞を受賞した、京都ビエンナーレ2003演劇公演『宇宙の旅、セミが鳴いて』(作/鈴江俊郎、演出/高瀬久男)や、岸田戯曲賞を受賞した、演劇計画2007『生きてるものはいないのか』(作・演出/前田司郎)、壁ノ花団『悪霊』(作・演出/水沼健)、地点『三人姉妹』(作/チェーホフ、演出/三浦基)などに出演。どこへいっても、その場にあわせた対応を図りながら、存在感を発揮できる、器用かつ独特な俳優さんです。

四宮章吾さんは、現在京都で最も注目を集める若手劇団「悪い芝居」の中心メンバー。細長い身体と独特の声で、キ○ガイじみた芝居をします。今回、異なる演出家の下で、どれほどった演技が出来るのか、期待しています。

辻井直幸さんは、かつて在学中に京都芸術センター主催の「現代演劇俳優セミナー」に参加するなど、その才能には早くから注目していました。大学を出てからはのほほんと活動されていますが、ここらで一皮も二皮も剥けて、大化けしてってくれることを祈っています。

本條マキさんは、唯一大阪から参加。大阪の若手で注目を集める劇団、France_panの女優さんで、その昔にFrance_panの舞台美術を務めた方が、劇団員の中で唯一名前を覚えていたというほど、強烈なインパクトの持ち主。普段話していると完全に天然ボケキャラなのに、舞台上では、気とエロスを振りまける最近では珍しいタイプの“女優”。目力がすごい。

期待してください。
posted by 丸井重樹 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

オーディション、終了しました

M_Produce ACT4 出演者のためのワークショップ・オーディション
終了しました。

二日間にわたり、24名の方が参加してくださいました。
2時間という短い時間ではありましたが、個性的な俳優が数多く参加していただいていて、刺激的でした。今回は2〜3名の採用ということなので、ほとんどの方とご一緒できませんが、また何かの機会に一緒に作品を創ってみたい、と思える方が多かったことは、私にとっても演出家にとっても大きな収穫でした。ありがとうございました。

現在、熟慮中。

来週中には俳優4名が決定できるので、決まり次第発表します。
posted by 丸井重樹 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

ワークショップ・オーディション 申込締切迫る!

M_Produce ACT4『寿歌西へ』
出演者のためのワークショップ・オーディション
締切迫る


申込締切が、明日=7月25日に迫ってきました。
参加を検討している方は、明日までにお申込ください。

お申込いただいた方には、「応募用紙」をお送りしております。
まだまだたくさんの方の申込をお待ちしています。
ワークショップ概要はこちら
posted by 丸井重樹 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

ワークショップ・オーディションのお知らせ

M_Produce 本公演に関する情報です。

M_Produceでは、いよいよ本公演に向けて動き出します。
まずは、出演者を確定するための、ワークショップ・オーディションを行います。

“既成の戯曲+演出家”の組み合わせで、年に一度開催するプロデュース公演。
今年度は1980年代を代表する劇作家・北村想氏の『寿歌西へ』を、柔軟な発想とユニークなアイデアで演出家として頭角を現しつつある山口浩章氏の演出で上演します。俳優として、岡嶋秀昭氏も出演決定。登場人物=四人、遊び心と切なさに溢れる作品です。

オーディションはワークショップ形式で行います。
向上心がある、可能性を拡げたい、活躍の場を求めている俳優はもちろん、演出家・山口浩章氏に興味がある俳優など、積極的な参加をお待ちしています。

□日時
7月30日(水)19時〜21時
8月3日(日) 14時〜16時
*いずれか1日を受講してください

□会場
人間座スタジオ(31日)
鴨沂会館(3日)


□参加料
2,500円

□演出
山口浩章

□採用
2〜3名

□条件
・10月後半(予定)からの稽古(主に京都芸術センターで行う)に、ほぼ参加できること
・年齢、経験、所属の有無は問いません
・出演料を若干程度お支払いします


□申込方法
氏名、年齢、所属(あれば)、電話番号、メールアドレス、参加希望日を添えて、FAXあるいはE-mailにてM_Produce まで。折り返し、こちらからご連絡します。

□申込締切
7月25日(金)

□問い合わせ・申込先
TEL 090-9254-6295(丸井)
FAX 075-641-6312
E-mail mproduce@hotmail.com


□公演概要
・公演名 M_Produce ACT4
・脚本 『寿歌西へ』
・作 北村想
・演出 山口浩章
・本番 2009年1月9日(金)〜13日(祝・月)、8ステージ *小屋入り 1月6日(火)
・会場 アトリエ劇研(提携公演)
・出演 岡嶋秀昭
・美術 杉原邦生


プロフィール、作品について
posted by 丸井重樹 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。